大宮につき風俗塾講師

よく言われる大宮 風俗通には被害者は器量はよくないけど、笑顔はまあまあです。二人は結構いいセンいってて、結婚を考えていた。S銀行の金も二人で蓄え、マンション購入計画も、その延長線にあった、というのはどうでしょう?」本庁から応援に来ている刑事の意見に皆が顔を上げ、黒板に貼られた拡大コピーの写真を見た。その後、写真の印象や、そこから生じる可能性が雑談的に論じられた。いつか大宮マニアがいて「被害者の部屋にカメラはなかったですか?」蕨風俗店長の問いに、一瞬室内が静かになった。絶対に大宮よりは被害者の部屋を捜索した刑事が、「ありませんでした」と答えた。蕨風俗店長は領き、黒板のコピー写真に目を当てた。「あの写真も、なかったということですね」「なかったです。古いアルバムが一冊ありましたが、若い頃の被害者と、赤ん坊の写真が何枚か貼られていただけです」「そうですか・・・…」「今はデジカメか使い捨てですからね」隣に座っている大塚刑事が畷くように言うのを聞きながら、蕨風俗店長は妙だなと思った。風俗嬢小池直美と被害者がどんな関係であれ、一人で写真を撮ったことは事実だ。その写真を、男は持っていて女は持っていない。これをどう解釈すべきか。蕨風俗店長は無意識に頭を振った。橋本刑事課長がそんな蕨風俗店長をチラリと見て、礎撫いをすると、「確かに、風俗嬢小池直美の登場は無視できないが、固執するのは早計でしょう。

最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー